Translate/言語翻訳

2017年11月8日水曜日

万葉集と秋散歩 よこやまの道 

赤駒を山野に放し捕(と)りかにて 
多摩の横山 徒歩(かし)ゆか遺(や)らむ
万葉集 防人の歌 詠人:宇遅部黒女
過去の参考記事(2016年3月9日) よこやまの道 万葉集に誘われて 

万葉集で詠まれた多摩丘陵(よこやまの道)を歩いてみました。
多摩丘陵は、眉引き山とも呼ばれるなだらかな横長の丘陵です
住宅地の中を縫うように走るよこやまの道…
秋を感じさせる素敵なお散歩コースでした。

池に映る一本杉、きれいだなぁ
11月7日(火)よこやまの道
コース
自宅から自転車移動=唐木田駅(自転車デポ)~
11:50唐木田口~もものき広場~中坂公園~
一本杉公園~展望広場~もみじ広場~
さくらの広場~15:10はるひ野駅から電車移動
=唐木田駅


唐木田口~中坂公園
唐木田口は駅から10分ぐらいですので、すぐに到着します。
大妻学院を過ぎたあたりから入ります。
始まったばかりの紅葉が、秋散歩を予感させますね。
住宅地のそばとは思えないコースでした。
唐木田口の風景
こんな道から始まります








モモの木広場へ降ります
ここを登っていくと…








こんな橋がありました
標識はこんな感じです








こんなところを通ったり
住宅の横を抜けたり












横の丘を見上げると、
天然記念物のスダジイの巨木がありました。
「これは見に行かなければ!」
天然記念物のスダジイ
スダジイの説明文









このあたりからの道が間違いやすい感じです。
標識は要所に設置してありますが、なんだか目立たない…
しかも舗装路に何回も出るので、見落としやすそうです。
事実、「見落とし→あれ?→この方向かな?→復帰」を繰り返しました。
住宅地にある道なので、方向さえ間違わなければなんとかなります^^b
逆回りで歩くすれ違う人にも、「唐木田はこの方向ですか?」とか…
変な方向から降りてくる二人連れは、「行き止まりと書いてほしいよね」とか…

中坂公園~一本杉公園
秋を満喫する道が続きます。「気持ちいいなぁ~」
秋晴れが気持ちいい
駐車場も秋真っ最中です


舗装路歩きも飽きません

ずっと続く紅葉の道
















一本杉公園でぼっち宴会
唐木田駅で調達したお弁当とビールでぼっち宴会です。
今日の目的のひとつでした(自転車で帰るのにいいのかな?)
ここから入ります
鬱蒼とした道を抜け








ジグザグ階段を下ると
こんなところに出ます








池の中に一本杉

 
   そして、一本杉の池のほとりで休憩します。
 貸し切りの風景を堪能しました。
 そうこしていると、
 鴨のつがいが寄ってきました。
 仲よく寄り添っています^^
 



鴨たちの写真を撮ってみました。
モデル意識が強いのか、どらのそばから離れません。
(単に餌をくれると思ってる?)
仲がよさそうだ^^
時間がたつのを忘れます








黄葉の水面をスイスイと
どらの近くから離れません











一本杉公園~展望広場
そして一本杉公園を後にします。
名残惜しい一本杉公園
この実はなんでしょう?









道を間違ってもすぐに復帰
展望台が見えてきました









防人見返りの峠
西国へ向かう防人たちが、二度と見ることができない
望郷の念から、見返したといわれる峠です。
展望台といわれるだけあって、
素晴らしい展望が広がります。








多摩センター方向の展望
足元も紅葉に彩られます









展望台~さくらの広場~はるひ野駅
展望台を過ぎると明るい道が続きます。
桜の広場には、たくさんの桜の木が…
お花見に良さそうですね^^
またこのあたりでは、「緑と道の美術展」が開催されていました。
道のところどころに美術作品が展示されていました。
さくらの広場
このあたりは美術展でした
 








この作品、お気に入りです
よこやまの道は、桜の季節と紅葉の季節がいいですね。
紅葉は、いまが旬ですよ^^

気持ちのいい散歩でした。

(おしまい)