Translate/言語翻訳

お知らせ

お知らせ
忘年山行行先決定 奥武蔵・竜崖山~天覧山
皆様からのご提案、ありがとうございました。
バスを使わない・行程が短い・下山後にお店が多いなどの観点から、決定しました。
皆様のご提案につきましては、2018年の山行候補地として考慮いたします。

2017年6月27日火曜日

日本にもあった! 人魚伝説

皆さんは、八百比丘尼(やおびくに)の伝説をご存知ですか?日本の人魚伝説で一番有名なお話ですね。
人魚伝説は世界各国にあるのですが、概ね、悲しい話とか怖い話とかばかりです。
日本のお話は、少し考えさせられる内容になっています。
さて、6月17日に行った塩船観音には、この八百比丘尼の伝承が残されています。
西暦(645~650年)にこの地を訪れた八百比丘尼が、
紫金の観音像を安置したのが開山と伝えられています。
ちなみに、八百比丘尼の伝承は日本各地に残っているそうです。
調べていくと、人魚の肉を食べたとか、八百年生きたとかは別にして、
モデルになった比丘尼が、実在していたような気がします^^


昔の若狭の国(今の福井県)で、この物語は始まります。
今回は、若狭の国に残っている話を中心に、各地のお話を交えてお話します。

2017年6月18日日曜日

地図読みの連続 阿須丘陵~霞丘陵

阿須丘陵はほとんど道標がなく、しかも道は複雑に交錯しています。
地図とコンパス必携のコースでした。
もっとも道迷いしても、どこかの道路に下山できるので、
道迷い遭難の心配はないでしょう(ナンチャッテ)
霞丘陵は逆に道標が多いのですが、
逆コース(青梅→飯能)用で設置されているようです。
逆なので、阿須丘陵下山口・霞丘陵登山口を探すのに苦労しました。

◆6月17日(土)阿須丘陵~霞丘陵 飯能・奥多摩
◆所要時間:6時間50分
◆コース: 
飯能駅8:30~阿須丘陵~七国峠~笹仁田峠~塩船観音~吹上菖蒲園~
15:20東青梅駅
阿須丘陵登山口~七国峠~粥仁田峠
記憶と地形図を見比べて、歩いたと思われる軌跡(紫色の線)
安全に地図読みの練習をしたい方には最適なコースかも?
◆参加者:ひまわり、アビー、どら

集合写真へ 登録者のみ
参加者のコメント

2017年6月15日木曜日

癒しの新緑と温泉と 大羽根山~槇寄山

梅雨入り後で心配だった山登り。
道路から見上げる山は、黒い雲に覆われていました。
「途中敗退」という言葉が、頭の中を駆け巡ります。
幸い天気が崩れることもなく、それでいて温度が上がるでもなく、
時々の木漏れ日のなかの新緑登山となりました。
今年のどらは、曇り男から晴れ男に出世したようです^^

◆6月12日(月)大羽根山~槇寄山 奥多摩
◆所要時間:4時間30分
◆コース: 
「数馬の湯」10:00~浅間尾根登山口~大羽根山
数馬峠~笹尾根~槇寄山~九頭竜の滝~数馬BS~
14:30数馬の湯=(車で移動)=
奥多摩周遊道路=「のめこい湯」

参加者: ひまわり、ビビ、jun(ビビの夫)、どら

数馬の湯が月曜日は休館であることを忘れていました。
そこでビビさん登場!
奥多摩周遊道路を経由して、のめこい湯まで行く計画を立案^^b
冷静に考えてみたら…
少し無理があるような…ないような…
自由奔放、固定概念皆無の自由人「ビビさん」らしい計画でした(脱帽!)

参加者のコメントへ
集合写真へ 登録者のみ

2017年6月5日月曜日

山登りの歳時記-7月はどこへ行く?

いよいよ夏本番ですね。
夏は2000m級以上の高山しか行かないという方も
多いのではないでしょうか?
低山でもコース設計の工夫をすると、
可能性が広がりますよ^^b
涼しげな滝めぐり、渓流主体のコースなどなど。
山登りは、計画を立てるところから始まると、
つねづね思う、どらでした。



7月01日( 山開き(富士山/山梨側、至仏山、八ヶ岳、甲斐駒ヶ岳など)
7月02日( 半夏生 
  山開き(谷川岳、燧ヶ岳) 北丹沢12時間山岳耐久レース
7月07日(金) 小夏 七夕
7月10日(月) 富士山本宮浅間神社開山祭
7月14日(金) 鳥海山火合わせ神事
7月16日( 山開き(南アルプス/畑薙)
  2009年のこの日、トムラウシ山大量遭難事故発生しました
7月17日() 海の日
7月18日(火) 白山奥宮大祭
7月19日(水) 土用
7月20日(木) 
  1964年のこの日、深田久弥「日本百名山」発刊されました
7月23日() 大暑 信州山の日
7月24日(月) 那智美瑛火祭り
7月25日(火) 土用の丑
7月27日(水) 大山夏山開き 御嶽神社例大祭(~7/28)

昨年7月は、峠の涼風では下記の山へ行きました。
7月12日 堂所山
大輪のヤマユリが目立つ山行でした